エビみそ  新発売

宮窪地域において、村上水軍の時代から食べられてきたであろう、エビみその販売を開始します。
エビみそは宮窪に生まれ育った人なら一度は食べたことのある、昔懐かしい味の常備菜です。

かつては海から採れたエビと、畑で収穫された麦から味噌を作り、各家庭ごとのエビみそが作られていました。

ですが近年は自宅で味噌を作ることもなくなり、その食文化が途絶えかけていましたが、私たち宮窪に生まれ育った映日果の従業員が昔ながらの調理で商品化しました。

​70代の島民が子どもの頃は、白米:麦を2:8の割合で炊いたご飯に沢庵とエビみそをつけて食べるのが御馳走でした。

 

従業員が獲ってきたエビを映日果へ直送し、すぐに調理を行いますので、鮮度抜群の最高のエビが使用されています。
また、保存料や着色料なども一切使用していない、自然志向の発酵食品です。

 

賞味期限は半年としていますので、遠方の方へのお土産にも最適です。

©2018 by 映日果